塾講師には向き不向きがある?



塾講師になりたくても、その人によって向いていたり向いていなかったりします。講師として向いていない人は、消極的な人です。 自分から進んで生徒たちに何らかのアクションが仕掛けられない人は向いていません。 生徒は子供ですので、子供と言うのはあまり単調な作業に対しては飽きてしまうものです。



授業としての内容に刺激がなければ食いついてきませんし、集中もしてもらえません。 生徒に対してなんでもいいので刺激を与えながら楽しくそして柔軟な授業にしていくことで学力の向上にも繋がっていくものです。 自分から講師として動くことができないような人は向いていないということになります。 反対に講師に向いている人は、常に生徒たちの気を引くことはできる人になります。 なんでも良いので生徒が興味を持ちそうな話題をふりながら授業をしていくことで、内容が面白くその中で子供たちのモチベーションも上がっていきます。



講師が楽しい人、そして授業が楽しいと生徒が思ってくれれば学習意欲にも発展していきます。 どの生徒にも分け隔てなく接していく人そして自分の気分で講師と言う仕事に波を出さない人も、向いていますね。 あくまでも講師として勉強を教える立場ですので気分でその日の授業に力を入れたり入れなかったりしては、生徒も困惑してしまいます。 生徒たちから人気があって、慕われる講師というのは、やはり常に生徒のことを考えていますし、どのような授業内容にしていったら良いのかと言うことを頭で考えているものです。




▼推奨サイト
塾、家庭教師に向いている人を探す際に参考になります ≫ 家庭教師